走るのってつらくてイヤだなぁ…。でも,健康のためには運動って大事だし…。
楽に運動続けられる方法ないかな…。どうも,まっつんです!僕の働いている放課後等デイサービスという仕事は,とにかく体力勝負なんです!一日に10人から先の子どもを相手に勉強を見たり,遊んだり,ときにはけんかの仲裁なんかをしたり。子どものエネルギーたるや凄まじいもので,なかなかに体力を使います(同時に何人かの勉強を見るっていうのも案外エネルギーを使うんです!)。

なので,最近体力づくりのために早朝にジョギングを始めました。学生時代は運動部や,”運動系”文化部に所属していたのでまぁそこそこ体力はあったのですが,最近年を重ねるごとに動きにくくなる体を感じ,「このままではヤバい!」と一念発起した訳です。

でも,実は僕,運動が嫌いなんです!というか,走るのが嫌い!さらに言うと,三日坊主でなかなか続けることができません!

やるぞ!と思って始めてみるのはいいんだけど,なかなか続かないんだよなぁ…。
でも,いい加減このまま衰えていく体を見過ごすなんてことはできない!

という訳で,なんとか楽に走れるようにならないかといろいろ試してみました。
・続けるための心理作戦・続けるためのアイテム準備

これが功を奏して,三日坊主の僕が一番の壁であった「3週間継続」を乗り越えて,今も毎日走り続けることができています。

〇早朝ジョギングを続けるための6つ

今回は,僕の様なジョギングを続けられないと悩んでいる人のために,これを朝用意しておけば早朝ジョギングを続けられる!というアイテム?を6つ紹介します。

全て非常に簡単なものなので,明日からでもすぐに実践できますよ。・ウェアとくつ
・オーバーウェア
・アメ
・水
・着替え
・準備運動と整理運動の時間

ウェアとシューズ

運動嫌いの人にとって運動したくない理由の一つは,「運動がつらい」ということでしょう。

だから,少しでもそのつらさを軽減するアイテムをそろえましょう。ウェアとくつはその最たるもので,例えばサポートタイツを使えば,サポートタイツを履かない時に比べて格段に足が軽くなります。

また,Tシャツも吸収速乾性に優れたものを使うことで,運動中の不快な汗によるベタつきを緩和してくれます。シューズもできれば普段のスニーカーではなく,ジョギング用のスポーツシューズを用意することをお勧めします。

毎日継続して走っていると,どうしても足には負荷がかかっていきます。負荷が蓄積されてケガをしてしまうと,走るのイヤになってしまいますよね。

ケガを防ぐ意味でも足回りのアイテムは自分に合ったものをはじめから用意してしまうと良いでしょう。

最近はファッション性の高いものも多いので,自分の好きなウェアとシューズでモチベーションアップも図れますね!
形から入るの案外大事です!

オーバーウェア

オーバーウェア=上着です。早朝ジョギングの場合,夏場でもちょっと肌寒いときがあったりします。
「寒いなぁ」とか思うと,もうそれだけでさらにやる気は落ちてしまいますね。やる気も問題ですが,身体が冷えると故障の原因にもつながるので,早朝ジョギングの際は,オーバーウェアを用意しておくと良いでしょう。

アメ

朝走るときは,そのまま走ると低血糖を起こして気持ち悪くなったり,身体が重くなったりしてしまいます。走っている時に気持ち悪くなった経験から運動嫌いになった人もいるんじゃないでしょうか。

なので,朝走るときは,走る前にアメをひとつ舐めてから走ってください。これだけで身体の重さは全然違います。しかも,アメの良いところは,起きてから走るまでいろいろ支度しながらでも舐められるという点。

ちなみに,これは目的が血糖値を上げる事なので,食べるのはアメの他にチョコでもバナナでもかまいません。いちおう僕もアメの他に試してみたんですが,チョコやバナナは口の中の少ない水分を持って行ってしまうので,アメの方が合いました。早朝なので,口の中の水分もあまりないんですよね。

寝起きは体に水分が不足している状態です。だから,起きると同時に水分を補給します。
走っている時にわき腹が痛くなると,走りたくなくなってしまいます。それを防ぐためには,しっかりと水分を補給してから走ること。

また,走り終わって帰ってきたらすぐに水分補給できるように工夫しておいて,走り終わりのつらさからはすぐに解放されましょう。ちなみに,まっつんはペットボトルを玄関において走りに行っています。

着替え

走り終わりは汗で服が気持ち悪い状態ですよね。不快な状態からは早く解放されましょう。

という訳で,着替えは走り始める前にあらかじめ準備しておきます。
まっつんの場合,走り始める前に,帰ってきたらすぐにシャワーを浴びられるように着替えなどを用意してから走るようにしています。

走ってる時も,「あぁ,帰ればシャワーをすぐに浴びられる」と思っているとちょっとだけモチベーションアップにもなるし。

準備運動と整理運動の時間

準備運動と整理運動の時間は,絶対に確保しましょう。運動嫌いの人は,なんとなく準備運動とか整理運動って省いてしまう事も多いかもしれません。でも,準備運動と整理運動は絶対にやるべきです。

なぜなら,走ることが楽になるから。準備運動は,する人でも整理運動はついついやらないで済ませてしまう人もいるかもしれませんが,翌日以降に疲れを残さないためには,整理運動は不可欠です。

早朝ジョギングを続けていく天敵は,この疲労の蓄積かもしれません。「今日は疲れているから…」と言って走らない日が出て来ると,再び走り始めるのが億劫になってしまいますよね。
疲れを翌日以降に残さない様,整理運動の時間も予め確保して,スケジュールを組むようにしましょう。

僕も準備運動と整理運動の時間をしっかり確保するようになってから,格段に走るのが楽になりました。

〇まとめ

さて,今回は運動嫌いなまっつんでも早朝ジョギングを続けられる様になった6つのものを紹介しました。
どれもすごくシンプルなものばかりだったと思います。でも,この記事で伝えたかったことは,早朝ジョギングを継続するのにそんなに大それたものを用意する必要はないよ,という事。

そして,運動嫌いの人は結構こういう基本的な事を忘れがちになってしまうから走るのがつらくなるんだな,という事。
基本を押さえていけば,走るのは楽になるし,続けられる。

でも,実はまっつんはここにちょっとした心理テクニックを応用して,さらにジョギングが続くような仕組みをつくっていたりもします。

基本は,いかにつらさをなくし,軽減し,そして早くつらさから解放されるようにするということ!これこそが,運動嫌いなまっつんでも早朝ジョギングを継続できている,重要なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA