【自己概念】
 自らが自己を対象(客体)として把握した概念。自分の性格や能力,身体的特徴などに関する,比較的永続した自分の考え。自己観や自己像,自己イメージも同義に扱われることがある。(心理学辞典,有斐閣より)
 

〇自分のイメージとしての自己概念

「あなたはどんな人ですか?」
 
そう聞かれたら,あなたはどんなふうに答えますか?
 
「僕は,年は23歳で身長は175cmで…」
「特技はダンスで,音楽が好きでよく聴きます!」
「私は,明るい性格で初対面の人ともすぐに打ち解けます」
「○○という会社で働いていて,事務の仕事をしています」
 
などなど,私たちは「自分」という存在に対して,身体・能力・性格・社会的役割などに基づいた一定の認識を持っています。
 
これが,自己概念です。
 
自己効力感や自尊感情などとは違って,シンプルな自分についての記述という特徴を持っています。
 
自己概念は,私たちが生活の中で積み重ねていった,自分という存在への知識や理解内容の集合体なのです。
 
そして,自己概念は昨日と今日と明日で変わるという様な流動的なものではなく,比較的永続的な概念です。
 
 
 

〇理論の様に働く自己概念

自己概念は,単なる自分という存在の知識のまとまりというだけではなく,私たちの行動や意識の在り方にも影響を及ぼしてきます。
 
人は自己概念を維持しようとする傾向があります。
そのため,周囲の社会的な環境を自分の自己概念に合わせて認知したり,自己概念に合わせて行動を選択しようとします。
 
例えばこういう人がいるかもしれません。
自分の事を「良い上司」だと思っている人が,社内アンケートで部下から良い評価と悪い評価を受け取りました。
悪い評価を参考にやり方の変更や業務改善をしてくれればよいのですが,悪い評価の事は忘れてしまい,良い評価だけを覚えている,結果として何も変わらない。
 
うーん,嫌だけどこんな出来事よくあるかもしれませんね。
 
これは,その上司の「自分は良い上司だ」という自己概念に合わせて,周囲の環境を認知したために起こった出来事です。
 
自己概念には,ワークフレームの様な働きもあり,自己概念に合わない情報はそぎ落としてしまうという影響もあるのです。
 
でも,これは反対に「自分は努力家だ」と思っている人には,困難を前にしても逃げ出さずに努力をし続けるという行動を起こさせもします。
 
この様に,自己概念は私たちの将来の行動や意識に,あたかも一つの理論の様に影響を及ぼしていくのです。
 

〇自己概念がつくられていく過程

では,自己概念はどの様に形成されていくのでしょうか。
 
自己概念の形成には,主に以下の3つの影響がそれぞれ複合的に作用しています。
①自己観察
②社会的な比較
③周囲からのフィードバック
 

①自己観察

日頃の生活の中で,自分の行動や考え等を振り返り,自分とはどんな人間かというイメージをつくっていく
 

②社会的な比較

他者と自分を比べることで相対的に自己への理解を深めていく

 

③周囲からのフィードバック

「あなたって○○なひとだね」と言った様な,「私」という存在への周囲の評価や情報を自己概念に組み込んでいく
 

〇文化や社会が自己概念に影響を与えていく

また,自己概念の形成には,純粋な個人の理解だけではなく,文化や社会からも様々な影響を受けています。
 
例えば,日本には他者との協力や和を重んじる風土があるため,協調性を自己概念に取り入れる場合が多いです。
一方,アメリカなどでは,個人としての独立が社会的に望まれるため,他者とは切り離された個人として完結した思考様式などが自己概念に取り入れられます。
 
どういう仕事をしているか,職場の中での役職,父親や母親といった家庭の中の役割,社会的な権力など,社会的役割や地位なども自己概念へ影響を与えます。
 
この様な文化的・社会的な影響を受けながら自己概念は形成されていくのです。
 

〇自己概念が与える影響

自己概念は,周囲の認知や私たちの行動の根底に作用する理論として働きますが,他にもいくつかの影響を私たちに及ぼします。
 
自己概念と現実があまりにもズレる場合には,私たちの心身へ負の影響も与えます。
現実と自己概念のズレは,不適応行動を生じさせる原因にもなるのです。
 
このズレを修正していく過程はしばしばカウンセリングで取り上げられる主題にもなります。
 
一方で,自己概念は他者理解を促進します。
 
自分を振り返り,自分と他者を重ね合わせることで,他者の思考を推測することができるのです。
 

〇療育へのまなざし

自己概念には,一種のワークフレームの様に行動や思考の型として働く機能があります。
そして,それは他者の行動を推察するときにも「こう考えているんじゃないかな」と考えるための重要な参考にします。
 
これは,他者理解を促進する効果もあるのですが,発達障害を持つ子の療育上ではしばしばこの機能が反対に他者理解を邪魔している場面に遭遇します。
 
「自分はこう考えているから他の人もそうに違いない」という,極度の一般化が生じやすいのです。
 
これは,発達障害を持つ子が「例外を認めにくい」という特性を持っていることと「他の可能性を想像する」ことを苦手とするためです。
そのため,「自分はこうだから」という型にはめて他者を理解してしまいやすくなってしまうのです。
 
もともと自己概念には,ワークフレームや認知のフィルターの様な働きがあります。
発達障害を持つ子の場合は,その上に発達上の特性という要素が加わるのです。
 
ソーシャルスキルの学習や練習をする際は,その様な点にも留意して進められると良いかもしれません。
 
 
また,「乱暴な子だ!」と言われ続け,乱暴な自分という自己概念を形成している子は,「人も乱暴にふるまうかもしれない」という思考理解にとらわれてしまう危険性をもっています。
 
自己概念の形成には,周囲の他者からのフィードバックも大きな影響を及ぼします。
「あなたは○○なひとだね」の○○の部分に肯定的な言葉が入るのか,否定的な言葉が入るのかで,その子の将来の行動にも全く異なる影響を与えてしまうのです。
 
何気ない言葉かけも大きな影響を持つことがあります。
それはマイナスに作用するときもありますが,もちろんポジティブな時もしかりです。
 
その子の強み,ストレングスを発見してフィードバックをしてあげることは療育においてもとても重要な事なのです。

この記事が参考になった方は,ぜひ下のSNSボタンからシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA