【シェマ】
シェーマ,シャム,スキーマとも。認識の枠組み。この言葉は最初,先行する反応が後続する反応の道筋をつける過程をさすものとして,神経心理学の分野で用いられた。(心理学辞典,有斐閣より)

〇世界を認識する枠―シェマとは

私達は,常に自分と自分の外の世界との相互作用を経験し,その中で生活しています。
道具を使ったり,言葉を話したり,本を読んだり,PCを使って調べものをしたり,スマホで友達とコミュニケーションを取ったり。でも,生まれて時からすぐに今の様に世界を認識することができたのでしょうか。
また,生まれた時から身の回りで起こる様々な問題を解決することはできたでしょうか。

人間は他の動物の様に,生まれてすぐに自分で立ち上がったり,食事を取ることができません。
最初は,身動きもままならないとても力の弱い状態で生まれてきます。

では,人はどの様にして外界に働きかける力を成長させていくのでしょうか。

そのヒントをくれるのが,発達心理学界の大御所ピアジェによる「シェマ」という概念です。
シェマとは,行動や思考の様式枠組みの事をさします。

人は生まれてすぐは,反射による動きや目的をもたない動きがほとんどです。
いわば,外界に対しては受動的な存在とも言えます。

ピアジェは,反射の時期を超え,次第にシェマとしての行動様式を増やしていくことが人の発達の根幹を成すとしました。

赤ちゃんは,反射の時期から次第に,周りに手を伸ばしたり,足を伸ばしたりと,特に目的をもたない様な動きを繰り返して,自分の能力の「実験」をしていきます。
ふとあるとき,伸ばした手がそばにあるガラガラを揺らしました。すると,そこから音がなる!また,繰り返し手を伸ばすとガラガラに触れて音がなる。楽しくなってまた手を伸ばす…。

目的をもたなかった「手を伸ばす」という行為が,「ガラガラを揺らす」という目的をもった行為に変化していきました。
次第に,赤ちゃんは揺らすよりも握って振る方が音が良く出ることに気づくでしょう。すると,今度は「握る」「振る」という行動へと変化していきます。

この,「手を伸ばす」→「物に触れる」→「物を握る」→「物を振る」という行動様式の拡大と変化こそ,シェマの発達の過程の基本です。

赤ちゃんはこの「物を握る」という行動様式を応用することで,今度はボールを持てるようになりました。そこでまた「実験」!ボールを持ったまま手を動かすと,ボールが飛んでいきました。
こうして,次は「物を投げる」という行動様式=シェマを獲得した訳です。

シェマは,外界との相互作用を通して次第にそのレパートリーを増やしていきます。

上の例では,ガラガラを「握る」というシェマを広げて,ボールを「握る」事が出来ました。ガラガラとボールは違うものですが,同じ「握る」というシェマで対応できることを赤ちゃんは取り入れたわけです。

この,外界の情報や出来事をシェマに合わせて取り入れる働きを「同化」と呼びます。でも,同化だけでは対応できない出来事も世の中には多くありますよね。

例えば,同じ「握る」というシェマを使っても,ガラガラを「握る」時と同じようにご飯を食べようとスプーンを「握って」も,うまく食べられません。
赤ちゃんはまたまた,「実験」をしました。どうやらスプーンの持ち方を少し変えると食べやすいようです。

この様な,外界の情報や出来事に合わせてシェマを変化させる働きを「調節」と呼びます。

新しい経験に対して,人はシェマを「同化」したり「調節」したりと釣り合いを取ろうとしていきます。
ピアジェは,このシェマを「同化」したり「調節」したりと変化させていく過程を,人の認識の発達であるとしました。

上の例では,行動のシェマを取り上げましたが,思考の場合も同様です。人は,それぞれ思考のパターンをもちながら,世界を認識しています。
この思考のパターンを「同化」したり「調節」したりして,日常生活に適応していくのです。

〇療育へのまなざし

シェマとは人の行動や思考の様式のことです。

自閉症をはじめとした発達障害の子では,この行動や思考の枠組みを変化させることが苦手な子が多くいます。

特に,外界の情報や事柄に応じて,自分の内面を変化させていく「調節」機能が上手く働かない場合があります。
また,反対に自分の中の枠組みに過度に外界の情報を「同化」させ過ぎてしまう場合もあります。

療育の過程では,この「同化」と「調節」を促して,シェマと外界の釣り合いを取っていく事が基本となります。
つまりは,新しい行動を学習していくときには,その子がすでに持っているシェマ=行動様式を手掛かりとしてスタートしていく必要があるという事です。

これは,学習のスモールステップを設定していく上でも非常に役立つ考え方です。

シェマという概念は,そのまま療育の方法を決めたりと具体的な考え方につながる概念ではありません。でも,行動や思考に様式や枠組みがあるという知識は,子どもの行動や考え方を理解するうえで助けになるものです。

知識は,人の見かたの視点を増やし,広げてくれます。
特に,シェマはその人の行動思考の特徴を捉えるときに,非常に参考になる概念なので,ぜひこの機会に覚えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA