【スキーマ】
 知識を構成するモジュールとして想定される概念であり,認知過程を知識に基づいて説明するうえで広く用いられる理論的な概念である。特に知識に導かれて進行する能動的でトップダウンな過程の説明に中心的な役割を果たす。(心理学辞典,有斐閣より)
 

〇私達は外の世界をどう認識しているか

私達は,常に自分の外の世界から情報を受けて生活しています。
音やにおい,光や肌への刺激などの感覚,会話や文章,風景や絵などの情報など。
 
私達は,それらをいつもどのように認識して意識しているのでしょうか。
 
刺激は,まず目や耳といった感覚受容器によって受け取られます。
そこで受け取った刺激は脳に伝えられ,処理がなされるのです。
 
脳に伝えられた刺激は,過去の経験などと比べられて,意味が理解されます。
「スパイスとにんじん,玉ねぎのにおいがする。あ,これはカレーのにおいだ!」と言ったように。
 
情報の処理には,単にその刺激を受け取るだけではなく,過去経験や意味の理解と言った過程が存在しているのです。

スポンサーリンク

〇私達はいつも「サングラス」をかけて世界を見ている

つまり,私達は常に外からの情報をそのままの状態で認識しているのではなく,受け取った情報を「過去の経験」と言ったフィルターを通して捉えているのです。
 
さらに,意味を理解するときには,意味を捉えるための枠組みも作用しています。
例えば,上記の「スパイスとにんじん,玉ねぎのにおい」と感じたときに,パン屋さんはもしかしたら「カレーライス」ではなく「カレーパン」をイメージするかもしれません。
これは,パン屋さんの意味を捉えるための枠組みが「パン」という情報を強く引き出しやすい性質を持っていたためです。
 
黒いサングラスをかけていれば,黒っぽく見える様に,赤いサングラスをかけていれば赤っぽく見える様に,
私達は情報をそのまま受け取るわけではなく,常に「サングラス」をかけているように,一種のフィルターを通して世界を認識しているのです。
 

〇スキーマとは

この様に,心の中で「サングラス」の様な働きをするのが「スキーマ」と言われる機能です。
 
以前,認識の発達の記事で「シェマ」を紹介しましたが,「スキーマ」と「シェマ」は読み方が違うだけで同一のものです。
(発達心理学の世界では「シェマ」と呼ばれることが多く,認知心理学の世界では「スキーマ」と呼ばれることが多いです)
 
「シェマ」について詳しくは
 
スキーマは,過去の経験を通して形成された知識のまとまりの事です。
知識のまとまりの事を「モジュール」という言い方もしますが,情報を処理するための一種の知識の枠組みの様なものです。
 
特に肩書きや所属集団などついてまとめられた,役割スキーマは「ステレオタイプ」とも言います。
「ステレオタイプ」について詳しくは
 
スキーマですが,ピタゴラスイッチの「ブラックボックス人問題」をご存知の方は,あれをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。
右側から入っていった「情報」が左側から形を整えられたり,形が変化したりして出てきます。
これと同様に,スキーマはあのブラックボックスと同じで,スキーマの中で過去経験や蓄えられた知識の枠組みによって,情報を整えたり,形を変化させたりしているのです。
 

〇スキーマの作用

スキーマは,抽象的で広く一般化された知識として適用されます。
例えば「レストランのスキーマ」では,レストランではどの様な行動をするのかといった抽象的な知識が枠組みとしてまとめられているのです。
 
レストランに入ったらまず,たいていの場合店員さんから案内されるのを待つのではないでしょうか。
それはきっと初めて行ったレストランでもそうしますよね。
 
また,初めていくレストランに入った時に,すぐに女の人が「いらっしゃいませ」とあいさつしてきたとします。
私達は,この人の事を知りません。でもきっとこの女性を店員さんだと認識することでしょう。
 
これが「レストランスキーマ」によって導かれた,情報の処理なのです。
 

〇スキーマのあれこれ

スキーマは,通常「レストランスキーマ」「車に乗るスキーマ」「会社での振る舞いスキーマ」の様に独立して働いています。
しかし,例えば仕事で取引先との接待という状況が生じたときには,上の3つのスキーマが共同して,「接待スキーマ」の階層として働く事もあります。
 
また,同じレストランに行くという状況でも,仕事の接待で行くのか,家族と行くのか,恋人とのデートで行くのかではそれぞれまた異なるスキーマが働く可能性があります。
「仕事スキーマ+レストランスキーマ」,「家族スキーマ+レストランスキーマ」,「デートスキーマ+レストランスキーマ」のような感じです。
そうなると,それぞれレストランで行う振る舞いはや状況の認知は異なってくることでしょう。
 
この様に,スキーマは階層化されたり,埋め込みによって共同して働いたりすることもあるのです。
 

〇スキーマは情報を方向づけてくっつける

私達の日常生活には数多くの情報や刺激であふれています。
その一つ一つを精細に処理していては,私達の脳はすぐにパンクしてしまうでしょう。
 
そこで,スキーマを使うことによってある程度情報の方向付けを行うことで,効率よく処理できるようにしているのです。
 
スキーマを使うことで格段に情報の処理は早くなり,楽になります。
 
しかし,同時にここには落とし穴もあるのです。
それは,スキーマに合致しない情報は見落としたり,変化して記憶してしまいやすいという点です。
 
スキーマには,情報同士をくっつける役割もあるのですが,これがいわゆる「思い込み」による情報の認識間違いなどを引き起こす事もあります。
「都合の良いことしか覚えていない」「都合の良いように解釈してしまった」というよくある”アレ”です。
 
スキーマは自動で無意識化で働くため,重要な場面では「思い込み」による誤謬がないかに気を付ける必要があるのです。
 

〇療育へのまなざし

スキーマは外界を効率よく捉えるための心的機能です。
でも,このスキーマが特殊な場合,外界の情報の捉え方がユニークな形になることがあります。
 
これが,いわゆるアスペルガーや発達障害の子がユニークな形で世界を認識していることの一つの理由でもあります。
スキーマの形が,マジョリティと異なるために「暗黙の了解」が出来なかったりするのです。
 
スキーマには文脈効果と呼ばれる機能もあります。
「このところ蒸し暑くなってきましたね」と言われれば,「あぁ最近蒸し暑いですね」と”文脈”から「このところ」の意味を捉えることができます。
しかし,発達障害を持つ子の中には文脈から「このところ」の意味を捉えられないことも少なくないのです。
 
それは,「このところ」が場所をさす言葉だというスキーマと時間をさす言葉だというスキーマを自在に入れ替えられないために起きる問題です。
 
いわゆる定型発達と呼ばれる人たちは文脈に合わせて自動的にスキーマが入れ替えられているのです。
しかし,発達障害を持つ子では意識的に行わなければスキーマの入れ替えが難しいのです。
 
発達障害を持つ子たちのユニークな思考様式を理解することは,彼らの持つユニークなスキーマを理解する事でもあります。
「なるほど,この言葉はこういう文脈で理解しているからズレが起きたのか」という理解が出来れば言葉かけももっと工夫することができるでしょう。
 
スキーマのズレは能力の優劣を意味するわけではありません。
スキーマはその人の過去経験を参照して形成されるものなので,一人ひとりそれぞれが異なるスキーマを持っているのです。
 
発達障害を持つ子にとってはスキーマを自在に入れ替えたり,組み合わせたりすることはなかなか難しい場合があります。
抽象化する過程で,特殊な解釈が混ざってしまう事もあります。
 
その子が周囲の情報をどの様に処理しているのかを考えること,理解することは,その子への支援を考えていく大きな参考になります。
ぜひ,スキーマという概念もその子を理解するアプローチをしてみてください。
 
 
この記事が参考になった方は,下のSNSボタンからシェアお願いします。関連記事も下からぜひ。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA