【情動】
 感情の動的側面が強調される場合に用いられてきた用語であり,急激に生起し,短時間で終結する反応振幅の大きい一過性の感情状態また感情体験をさす。(心理学辞典,有斐閣より)
 

〇感情の安定性の個人差に関わる要因

人はそれぞれ日々の生活の中で,個人個人で異なる感情を体験しています。
おなじ,「嬉しい」といった感情でも,受け止め方やその感情が沸き起こってくるきっかけは違うもの。
 
反対に,ネガティブな感情の時もそれぞれ人によって感じ方やその抑え方,落ち着き方は異なるものです。
 
では,その感情の調整や安定性の個人差はどの様な発達の要因から生じるのでしょうか。
 
感情に影響を与える要因は「愛着/アタッチメント」や「性格特性」などいくつかの要素が複合的に作用して,個人の感情体験を作り上げていきます。
 
そして,それらの要素は乳幼児期の子どもと養育者とのやり取りから端を発して次第に形成されていくのです。
その,乳幼児期のやり取りで大きな影響を及ぼすのが「情動調律」です。
 

〇「感情」と「情動」

本題に入る前に,簡単に「感情」という用語と「情動」という用語について説明します。
 
「情動」とは,一般的に知られている「喜怒哀楽」などをイメージしてもらえれば良いです。
喜怒哀楽の様な,瞬間的であまり長くは続かない感情を特に「情動」といいます。
 
「感情」は,情動も含んだより広い概念で,他にも「気分(比較的弱くて持続的な感情状態のこと)」なども含めた総合的な言葉です。
 
今回の「情動調律」は情動についての概念なので,子どもが空腹でなくときや,服が上手く着れなくて怒るとき,ケーキを食べられて嬉しいときなどの瞬間的で強い感情状態を想像してください。
 

〇情動調律とは

「調律」は音楽をやっている人ならよく聞いたことがあると思います。音楽の場合は,楽器の音を合わせることですね。
 
それと同じように,子どもの情動に母親などの養育者が情動を合わせる,対応する行動をすることを情動調律といいます。
 
簡単に言うと,子どもが嬉しそうにしている時に「嬉しいねー」と言って一緒に微笑むことも情動調律の一つの例です。
他にも,子どもが上手くいかないことがあってくやしそうな時に,一緒にくやしがるなども。
 
「共感」に近い概念ですが,共感が頭や心での理解という一面に対して,情動調律はより身体的な反応も示す点が違いといえます。

 

〇情動調律は発達にどう影響をするの?

情動調律を受けた子どもは,自分の情動は共有されうるものだと認識できます。
 
これは,自分の抱いた思いや感情に対して自信を持つことにもつながります。
 
反対に,自分の情動を共有されないと,自分の感情を押し殺したり,なかったことにしようとしたりします。
これは,「抑圧」や「否認」という心の動きですが,抑圧・否認された感情も意識に上らないだけで,”なかったわけではない”ので知らず知らずの間に心身に影響を及ぼすようになります。
 
情動調律には,子どもの感情状態を明確にしたり,他者が自分の情動にどう対応してくれるかを学ぶ最初のきっかけになるのです。
 
また,情動調律を頻繁にしてくれる相手に対して,子どもは情緒的利用可能性を高く認識します。
情緒的利用可能性とは,ポジティブな感情の時は一緒に喜んだりとその気持ちを増幅してくれたり,ネガティブな感情の時には慰めてくれるという可能性がどの程度あるかという認識の事です。
 
子どもから見たときに,他者の情緒的利用可能性が高いことは,感情や愛着の安定性,引いていは心理的健康へとつながっていく大切な概念なのです。
 

〇療育へのまなざし

発達障害を持つ子は「自分の感情」に振り回される事が少なくありません。
 
ADHDの子に多いいわゆる”かんしゃく”の様なタイプと知的障害を伴う自閉症の子に多い感情が表に現れにくいタイプと,それぞれその特徴は異なりますが感情を上手く調整できないことから不適応を示すという点は共通しています。
 
それぞれのタイプごとの対応については別の記事で書きたいと思いますが,共通の部分に関して言えば,自分の感情を明確化していく作業がお互いとても有効になります。
 
感情の強いタイプでは,強すぎる感情故にその感情に飲み込まれて我を失ってしまう。
一方,自閉症タイプの方では感情が未分化だったり混ざり合ったりしていて,混とんとしている。だから,強い感情状態になるとパニックを起こしてしまう引き金にもなってしまう。
 
なので,どちらのタイプでも率先して大人がその子の感情に寄り添って「調律」していくことは,その子の感情を明確化させていくことにつながります。
さらに,その際には感情に対して「名前をつけていく」作業を合わせてしていくと,より自分の感情を整理できるようになります。
 
その子の感情状態に合わせて「今は○○という気持ちなんだね」と気持ちの整理をしながら,その感情に名前付けをしつつ感情に意識を向けてもらいましょう。
 
大切なことは,ネガティブな感情こそ受け止めるということ。
 
ただ,怒りの感情や悲しみの感情などは受け止める方も非常にエネルギーを使ってしまいます。
 
エネルギーを使える状況になるように養育者を周囲がサポートしていくことも非常に大切です。
併せて,エネルギーが切れかけてきたときは,周囲を頼ったり趣味の時間等を使って情緒エネルギーを回復するのも必要です。
エネルギーがかなり枯渇していると感じるときは,カウンセリングなどの専門機関を頼っても良いでしょう。
 
情動調律は,母親や家族だけがやらなければならないことではありません。
むしろ,養育者と併せて学校の先生や地域の中で自分の情動を共有された経験は,その子の情動の発達にプラスの影響を与えます。
 
ついつい,感情の話になると「母親第一主義」とでもいう様な論調になりがちですが,決して母親や第一養育者だけがその責任を負わなければならないことではないのです。
 
ぜひ,この記事を読んでいる学校や保育園の先生などいましたら,母親や家族につぐ「近しい養育者」としてその点を覚えておいてもらえればと思います。
子どもの心をつかむのが上手い先生は意識的にも無意識にもこの情動調律をすでにされていますが。
 

そうして,社会全体で他者の情緒的利用可能性を高めることも,子どもたちのその後の情動調整を上手く発展させていくために必要な事なのです。

この記事が参考になった方は,下のSNSボタンからシェアお願いします。関連記事も下からぜひ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA